「通勤バッグ」についてのアンケート


<あなたの通勤バッグは?>

 次に「通勤バッグの所有数とスタイル(種類)」について聞いてみた。女性はたくさん所有しているのでは?という予想を裏切り、1位は「2個」(32%)、2位は「1個」(30%)、「3個」が21%で3位となった。ある程度バッグの数をしぼって使われているようで、勤務体系や通勤手段によっても結果に大きな差異はないようだった。また、「通勤バッグで使っているバッグの種類」のランキングでは「トートバッグ」が7割弱とダントツ人気となり、続いてショルダーが5割弱とこの2種類 が通勤バッグの定番となっていることがわかり、また最近幅広い世代に人気の「リュック」も3割弱と人気を得ていた。その他コメントでは、「途中で荷物が増えたりするときは、ツーウェイやスリーウェイバッグでだと持ち方を随時変えられるので便利」という意見も見受けられた。



<バッグの使い分けはしていますか?>

 実際に「通勤用とプライベート用で使い分け」されているのか聞いたところ、[なんらかの形で使い分け」しているとの回答が75%にのぼった。その使い分ける「きっかけ」については、「荷物の多い少ないで」が1位で44%、「服装」「季節」「天気」「退社後の予定」などがランクインした。その他「使い分けしている」方のコメントでは、「通勤時にかばんが傷むので大事なものは使わない」「仕事で指定されたバッグがある」などの理由もあった。逆に「使い分けしていない」方のコメントでは、「詰め替えが面倒」「詰め替えたら忘れものをする」という声があった。



<理想の通勤バッグは?>

 理想とする通勤バッグの「価格帯」を聞いたところ、1位は「3000〜5000円未満」(35%)、2位「5000〜8000円未満」(32%)、3位「1000〜3000円未満」(16 %)となり、7割が1万円未満の予算で通勤バッグを購入しているようだった。次に通勤バッグを選ぶ際に重要視することについて聞いたところ、1位は「サイズ」(82%)、続いて「形・デザイン」(56%)、「種類」(40%)、「軽量さ」となった。その他コメントでは、「お弁当が入ること」「価格」「洗濯できるかどうか」「地面に置いたときに汚れないように、底に鋲(びょう)があるかどうか」などの意見が寄せられた。

 さらに「サイズで重視すること」&「形・デザインで重視すること」を細かくたずねてみた。まず「サイズ」へのこだわりポイントでは、「たくさん入ること」(63%)「書類(A4サイズ)が入ること」(62%)がそれぞれの属性で幅広くトップ2となり、「身長とバランスがいいこと」にも注目が集まった。その他コメントでは「会社のロッカーに入るサイズかどうか」「自転車かごに入るサイズかどうか」「電車で座っているときに体の幅からはみ出ないサイズかどうか」「ノートパソコンが入るかどうか」などの意見もあった。

 そして、「形・デザインで重視すること」については、「肩からかけられること」(71%)が1位、「内ポケットの充実」(57%)がそれぞれ過半数以上を獲得し、重要な要素となっていることがわかった。特に「形・デザインで重視すること」については、「スリに合わないように上部にはファスナー必須!」「定期が出しやすいこと」「中身を出し入れしやすいこと」などその他コメントにも意見が寄せられた。