働く女性と洗濯に関する意識調査


<頻繁に洗わず繰り返し着ている服がありますか?>

 頻繁に洗わずに、繰り返し着ている服があるかを聞いたところ、約4人に3人が「はい」と回答した。洗わずに繰り返し着ている服のトップ3は、「セーター・ニット(68.1%)」、「デニム類(56.3%)」、「カーディガン類(48.9%)」だった。洗わずに着ている理由としては、「デリケートな素材なのであまり洗いたくない」「よほど汚したりしない限り汚くないと思う」「家で洗うのは傷む心配があるが、1回着ただけでクリーニングに出すのは不経済に感じる」など、洗い控え意識や汚れていない意識、クリーニングコストを気にしているコメントが多く見受けられた。また、洗わずに繰り返し着ている服がある人のうち、洗濯で失敗した経験がある人は実に 73.2%もいることがわかった。



 今回の調査では、多くの働く女性が他人の服装に関して、「毛玉やしわ」が「TPOにあわない服装」以上に気になっており、洋服のお手入れに対する関心の高さが明らかとなった。その一方で、自分の洋服のケアにおいては「頻繁に洗わず、繰り返し着ている服がある」と回答していた。自分では「まだまだ洗わずに着られる」と考えていても、他人からは「洋服の毛玉やしわ、汚れが気になる」と思われて印象を悪くしている可能性もあるようだ。